オフィス移転見積もり工事までの流れ

スムーズに!確実にオフィス移転をするコツとは?

移転前に旧オフィスで出来る事とは?

旧オフィスを解約する手続きを取ったあと、新オフィスへ向かう為に行う準備とは何があるのでしょうか? 移転の際に気をつけたいポイントを押さえながら紹介しています。移転手続きや心構えは早ければ早いほど良いですし、しっかりと計画をすれば失敗はありません。

おすすめリンク

煙突のある家に住みたい

暖炉と煙突がある家に住むのが夢!個人宅の煙突の作り方やメンテナンス方法を知っておきましょう。

内装や電気工事について

新オフィスに来てから内装や電気関連の施工を行う、これでは業務にロスが出ますし時間もかかってしまいます。 見落としてしまうケースが多いので、新オフィスに移転すると決まったら契約手続きと並行して行うとスムーズです。余裕をもって依頼するとトラブルも少なくなります。

トラブルが起きない様に注意すべきポイントを公開

多くの方がオフィス移転をする時に、業者へ依頼するのですがどのようなポイントに注意すべきでしょうか?業者選びのコツや、よくあるトラブルを交えて紹介していきたいと思います。 ちなみに金額だけ、またはブランドだけといった偏った視点では失敗のリスクが高くなります。

新オフィスで気をつけるポイントや流れ

オフィス移転をする場合、個人間の契約の様に契約・解約が出来るものではありません。また移転は何度も行うものでもありませんので、多くの方が知識を持っている訳でもないのです。もし急に移転になったら?何から始めればよいのでしょうか?
まず当然のことながら契約をしている企業へ解約の申し出を行わらなければなりません。その際に賃貸契約書の内容を今一度確認し、解約予告期間や敷金・委託金の返却について確認するとトラブルになりません。基本的に半年前までには解約の申し出をする必要があるのですが、小規模オフィスであれば3ヶ月でも問題ありませんので事前に確認しておきましょう。
続いては新オフィスへの入居時期を確認します。新オフィスに入居出来ないと意味がありませんし、仮に契約にもたつきがあれば営業に支障が出ます。
また旧オフィスの原状回復を忘れてはいけません。オフィス契約の場合は原状回復工事をする業者を指定しているケースもありますので、オーナーや企業へ必ず確認します。もし業者の指定が無い場合は、自身で探す必要があります。この場合は民法によって「明け渡しの期日まで」という取り決めがあるので、スケジュールをしっかりと立てて進めていきましょう。
ちなみに業者が入り、原状回復工事をした場合どのくらいの費用がかかるのかを必ず確認します。費用面は後々トラブルになりやすいので、出来れば第三者を立てるとスムーズですし、信頼度が増すと言ってもよいでしょう。